ダイエー公式アプリ無料ダウンロード

お得なクーポンGET♪

詳細

リーガ・NOS(ポルトガルリーグ)について

スポンサーリンク
⚽雑夫のサッカーブログ
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!おじじです。嫁のブログのサッカーカテゴリを担当しています。

おじじ
おじじ

今回はポルトガルリーグ(リーガ•NOS)

について話したいと思います。

スポンサーリンク

リーガ•NOSは、ポルトガルのプロサッカーリーグのこと

みなさんはポルトガルリーグといえばどんなイメージですか?

 

おばば
おばば

フランシスコザビエル!?

ポルトガルリーグには、ポルトガルのビッククラブに所属している日本代表の中島翔哉選手がいます。(令和元年11月現在)

中島選手以外にも1部リーグからクラブのU-23に所属している選手で言うと・・・

 

  • ポルティモネンセに所属の日本代表の安西幸輝選手
  • 日本代表の権田修一選手
  • バルセロナが興味を持っていた日本代表前田大然選手はCSマリティモに所属

中島選手を含めて14人の選手が所属しています。

 

過去には現在ヴィッセル神戸に所属している田中順也選手や、現在サガン鳥栖所属の金崎夢生選手もポルトガルリーグで活躍していました。

 

おじじ
おじじ

ちなみに田中選手はスポルティングCP、金崎選手はポルティモネンセです。

おじじ
おじじ

ポルトガルリーグ(リーガ•NOS)の創設は1934年で、オランダリーグよりも古いんです。

 

スポンサーリンク

リーガ•NOSのリーグ編成について

リーガ•NOSのリーグ編成は、以下のようになっています。

  • 1部リーグ(プリメイラ•リーガ)・・・18クラブ
  • 2部リーグ(リーガ•プロ)・・・18クラブ
  • 3部リーグ(セグンダ•ディヴィジョン)・・・
    • 北地区・・・18クラブ
    • 中地区・・・18クラブ
    • 南地区・・・18クラブ
  • 4部リーグ(テルセーラ•ディヴィソン)・・・
    • グループA~グループF・・・12クラブ
    • ポルトガル本土から1000㌔離れているアソーレス諸島のグループ・・・10クラブ

 

1部リーグでは2014年から所属クラブ数が18クラブになりましたが、残念ながらこれまで5クラブしかタイトルを獲得していないんです。

また、中島選手が所属しているFCポルト•SLベンフィカ•スポルティングCPは、

  • 「トレス•グランデス(3強)」

と呼ばれるポルトガル国内のビッククラブで、この3つのクラブで83個のタイトルを分けています。

最多優勝クラブはベンフィカで38回で、2番は中島選手のいるポルトで28回です。

 

おじじ
おじじ

ちなみにスポルティングCPとはホームタウンはリスボンで、同じホームタウンのSLベンフィカはライバルクラブです。

ポルトガル国内のビッククラブスポルティングCPのユースアカデミー出身の選手は、バルセロナからライバルクラブのレアル•マドリードに禁断移籍して試合中に子豚の頭を投げられてしまったことがあります。

また、有名な元ポルトガル代表のルイス•フィーゴや数々の記録をもち、世界最高の選手とも呼ばれプレミアリーグとリーガ•エスパニョーラとセリエAの3カ国で優勝。

ヨーロッパ三大リーグで優勝した史上初の選手になったクリスチアーノ•ロナウド選手の出身クラブです。

スポンサーリンク

リーガ•NOS リーグ戦の上位チームがもらえるもの

リーグ戦の構成はホームアンドアウェーの総当り戦となっております。

リーグ戦でもらえるものですが、

  • 1位~3位まで・・・翌シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの出場権
  • 4位・5位・・・UEFAヨーロッパリーグの出場権

がもらえます。

スポンサーリンク

リーガ•NOS 選手の外国人登録枠は?

リーガ•NOSでの選手の外国人の登録枠については、EU加盟国は制限はなく尚且つポルトガルではブラジル人労働者はポルトガル人と同じ権利があるためにブラジル選手にも制限はありません。

それ以外の国籍の選手は6人まで登録でき、1試合に出場できるのは4人までとなっております。

 

おじじ
おじじ

ここ最近のポルトガルリーグの評価が高くなってきていて、2012年のUEFAリーグランキングで1990年以来初めて五大リーグのフランスリーグを抜いてリーグランキング5位になりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サッカーの各国のリーグシリーズでお話してきますが、今回はリーガ•NOSでした。

 

では、次回のリーグシリーズもお楽しみに♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おじじ

コメント