賃貸物件でも傷つけずに収納を増やす!100円ショップ商品を組み合わせで簡単!【かけるウォールポケット編】

☆レビュー系
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!ガチで金欠2歳児ママのジャンヌです。

我が家は貧乏な上に狭い部屋💧

かといって便利な収納も買えないので100円ショップグッズの組み合わせで作ってみました。

これは賃貸物件のお家でも傷をつけずに収納が増やせますし、壁掛けにしていることで見えやすい!

小さなお子様も自分のハンカチなんかを用意したりしやすくなるのではないでしょうか。

今回のメインの材料はダイソーで調達したこちら!

 

 

スポンサーリンク

100円ショップ商品で壁に傷つけず収納を作る 【ドアにかけられるウォールポケット】

今回作ったものの1つ目がこちら。押し入れのドアに「ドアフックハンガー」?でひっかけてあるので賃貸でもお家に傷つけずに収納を増やせます。

 

ジャンヌ
ジャンヌ

ドアフックハンガー?名称は微妙に違うかも知れないけど、ダイソーでもセリアでも色々な種類があるのでインテリアに合わせたものを。

 

 

材料費300円ちょっと
  • ダイソーのミッキーウォールポケット×2枚
  • ダイソーのドアにかけられる「ドアフックハンガー」?3連
  • 麻ひも少々(←おしゃれだと思ってのこと。何でもよい)

\これを作るならつるした時のバランスをよくするため3連以上がおすすめ★/

作り方は簡単で、ウォールポケット2枚を縫い合わせ、ドアフックハンガーにひもでつるすだけ。私はミシンを使ったけど、手縫いでも問題ありません。

麻ひもでもなんでもいいですが、お洒落なクラシックな感じを出したくて私は麻ひも。ある程度頑丈な紐なら何でもいいですひもを長くしている理由は、ついでに上の方にリュックをひっかけたかったから。短くても身長が届くなら問題ないです。


ウォールポケット(壁掛けポケット)は、透明なポケットにしているのは”中が見やすいから”。ダイソーには布製のものもありますから、お好みでお好きなものを使ってよいと思います。

 

※ 2020/8/5追記

長らく使っていると100円のウォールポケットでは重みでしなってくることが判明。

木の棒がついた200円商品のこっちタイプの方が、ある程度重たいものも収納可能かと思われます。我が家はミッキーのクリアなポケットが良かったので棒だけ変更。200円のウォールポケットは棒だけ抜き取って、また別の場所に使いました。

 

 

スポンサーリンク

100円ショップ商品で役立つ収納アイデアグッズ 【ハンガーでかけられるウォールポケット】

これは作ったと言っていいのかわからないぐらいですが、木製ハンガーのピンチがついたものをとりつけただけの「ハンガーでかけられる収納ポケット」。この手の商品、某大手ショッピングサイト〇天とかでいい値段で売ってるので作っちゃえば安上がりかなと思い試しました。

 

材料費200円ちょっと
  • ダイソーのミッキーウォールポケット×2枚
  • ピンチ付のハンガー1本

使い方は、ハンガーかけているところに一緒に下着や靴下を見えやすくかけられるという感じ。

うちはパパのパンツを1週間分でもここに入れて置けば、取り出しやすいかなと思って作ってみました。これは材料の組み合わせだけなので簡単ですね。


ジャンヌ
ジャンヌ

引き出しに入れて置くと、好きなパンツを探すために全部ひっくり返すから💦見えやすい方がいいかなと☝

 

あとで気が付きましたが、棒がしなってくるのでハンガータイプにしておくとしなりにくいと感じています。こちらの作り方の方がおすすめかも知れません☝

 

\便利グッズといえば、こちらもおすすめだよ/

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?単的に収納が欲しい時は大きな金額出したくないですし、賃貸だと壁に画びょうの穴すらあけたくないですよね☝

ドアにかけられるタイプを作れば問題なしですし、ハンガータイプのなんて2つのグッズの組み合わせと言うだけなので楽です。使わなくなっても処分しやすい。

お試し下さい♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ジャンヌ

 

コメント