ダイエー公式アプリ無料ダウンロード

お得なクーポンGET♪

詳細

妊娠しているのに旦那がタバコをやめない!夫がタバコをやめるまで~

スポンサーリンク
☆体験談・レビュー
この記事は約22分で読めます。

みなさん、こんにちは!3歳児のママジャンヌです。

 

妊娠がわかったら、自分だけの体じゃない!

色んなことが気になりますよね。

 

タバコもそう。

旦那が吸っていても受動喫煙と言って、タバコを間接的に吸っているも同様であることは有名な話になってきました。

 

実は筆者が妊娠した時、自身もタバコを吸っていました。

赤ちゃんが大丈夫か心配になりつつ、長年吸ってきたタバコを簡単にやめられないのではないかと言う心配が・・・。

 

自販機の前で悩み、最後の1箱だと言い聞かせ買ってしまう私。

 

ところが、その心配は1週間後には完全に消滅!

 

つわりで気持ち悪くて普段好物だった食べ物すら受け付けなくなっていました。

タバコどころかちょっと臭いにおいなんかも敏感になって一切吸いたくなくなったのです。

 

筆者の妹が出産直前までタバコを吸いたがっていたのを知っていたので、私はタバコをやめるきっかけが出来てラッキーでした。

 

さて残るは旦那さん・・・。

そう。

 

妊娠している本人はつわりがきっかけでやめれるケースもありますし、赤ちゃんの健康がかかっているという強い気持ちから辞めることは比較的簡単かも知れません。

 

旦那さんはと言うと、妊娠した本人でもなく、赤ちゃんが出来た自覚も持ちにくいのでやめられない方、少なくはないと聞きます。

 

我が家も夫が喫煙者で、なかなかやめられず。

と言うかさほどやめる気もないような感じで、たくさんもめましたし喧嘩もしてめちゃくちゃ苦戦しました。

 

今となっては子供は3歳、夫もタバコをやめています。

 

私達夫婦が試した方法を詳しくレビューし、またタバコが赤ちゃんに与える影響についてもお話していきます。

 

スポンサーリンク

受動喫煙とは?

タバコは吸う本人だけじゃなく、タバコを吸っている人が発生させるタバコの煙にも害があるとわかっています。

つまり、タバコを吸っている人が近くにいれば、自分も”受動喫煙”と言う形でタバコを吸っている状態になるため、自分が吸わなきゃいいというものではないということ。

 

妊娠したら、周りの人にも協力をしてもらう、もしくは喫煙者と同じ空間に行かないようにするなどの配慮をすべきだと言えます。

 

タバコを吸っている人が吐いた煙、タバコを吸っていない時に先端から出ている煙。

吸った直後の人の手や口に残るタバコの匂い、周りにあった衣類や物にも染みつきますが、それらを吸い込んでしまっても”受動喫煙”です。

受動喫煙の影響は、煙が流れたりものに染みついたり、吸っている本人よりもより広範囲。

 

喫煙OKな部屋のカラオケボックスに入ると、そもそも壁紙にも匂いが染みついているようなところ、当たったことありませんか?

置いているソファも何もかも、タバコ臭いことがあります。

 

タバコを吸う人が一緒にいなくても、妊娠中は禁煙部屋を指定するなど受動喫煙にならないように気を配ることも必要かも知れませんね。

 

 

スポンサーリンク

受動喫煙でも赤ちゃんに影響がある?

受動喫煙でも、タバコを吸っているのと同じような状態になるとお話をしてきました。

つまり、お腹の中の赤ちゃんにも影響が出る可能性があると言うこと。

 

赤ちゃんがお母さんのお腹の中で育つにあたり、発育に害を及ぼす可能性があると言われています。

では、具体的にどんな影響があるのか、詳しく調べてみました。

 

 

低出生体重児

妊娠中タバコの影響を受けた胎児は、体重増加が十分でない可能性があります。

喫煙しない母親から生まれた子どもよりも平均142g低く、また子宮内発育遅延になる確率が2.07倍、低出生体重児が産まれる頻度は1.59倍高くなると言う報告もあるそうです。

 

流産・早産

受動喫煙により、流産・早産を引き起こす可能性もあると考えられています。

受動喫煙や妊婦さん本人がタバコを吸って育っている赤ちゃんは、呼吸中枢の発達への影響や、流産、早産、前置胎盤が1.5倍に増えるという報告もあるそうです。

 

 

ジャンヌ
ジャンヌ

前置胎盤は、簡単に言うと通常の胎盤の位置と異なる場所に出来てしまうことで、帝王切開になることがほとんどらしい。

 

 

 

ジャンヌ
ジャンヌ

筆者の妹は1か月も早産でした。タバコの影響かはわかりませんが赤ちゃんが下がってきて予定日より2か月程早く入院、

入院中耐えられなくなるとこっそりタバコを吸っていたのだとか💧

 

赤ちゃんもニコチン中毒

タバコを吸っている大人と同様、赤ちゃんも胎盤や母乳を通じてタバコを吸っているような状態になり立派な喫煙者状態。ニコチン中毒になる可能性があります。

よって、赤ちゃんもニコチンが切れてくると不機嫌になったり、夜泣きをしたりすることも。

 

乳幼児突然死症候群

読んで字のごとく赤ちゃんが突然死んでしまうという病気を発症する可能性も。

妊娠中の話ではなく出産後のことになりますが、1歳未満の赤ちゃんが眠っている間に突然亡くなってしまうことです。

タバコが影響しているのではないかと考えられていることの一つです。

両親が喫煙する場合だと吸わない両親に比べ、乳幼児突然死症候群を発症するリスクが4.9倍も高くなることが分かっています。

 

赤ちゃんの将来の健康が害される可能性

赤ちゃんの受動喫煙による影響は、子の将来にまで及ぶ可能性を秘めています。

25歳までの間に喫煙者がいる家庭で育った子は、将来タバコを吸わなくても肺がんになる確率が2倍に高まると言う調べがあるそうです。

タバコの影響は妊娠中や産後の少しの間の話ではなく、将来にまで及ぶ可能性も秘められているんですね。

 

スポンサーリンク

妊娠中、旦那にタバコをやめさせたい!!タバコをやめるには?

ここまでしっかりお読みいただけたのなら、妊娠中のタバコの影響が決していいものではないとお分かりいただけたと思います。

 

結果論にはなりますが、将来子に影響が出たときに後悔したくないので、私は必死になって夫氏や両親を含め周りに協力をしてもらいタバコをしっかりシャットアウトしました。

 

旦那にタバコをやめてもらう方法。

ズバリ一発でやめられるなんてことはないと思って試された方が良いと思います。

 

我が家も夫氏が約3年程かかっておりますから・・・(苦笑)

 

調べてみましたが、自力で禁煙に成功する確率はたった20%。

 

いわゆるニコチン依存と言うやつで、自分の意思とは別の何かが動いているような気がするほど案外やめられなくて苦しむ人が少なくはないはずですね。

 

タバコをやめるための方法、我が家で試した方法を詳しくお話していきます。

 

禁煙外来に通いお薬をもらう

 

ズバリ医師と薬の力に頼る

禁煙外来」が筆者いちばんおすすめだと感じています。

 

「禁煙外来」と称して受け付けてくれている病院では健康保険が適用になります。

通院出来る頻度にもよりますが、約3か月ほどの治療スケジュールで費用の負担額は平均1万数千円~2万円ちょっとぐらい。

我が家の夫氏も禁煙外来に通いましたが、トータルでこのぐらいの費用で済んだ計算でした。

 

「チャンピックス」という内服薬を飲む治療が主流です。

この薬の禁煙成功率は55.5%となっており、意外にも半分ぐらいなのです。

つまりは医者にかかっても半分ぐらいの人は失敗しているんですね。(苦笑)

 

と言っても、自力だと禁煙成功率が20%程度だと先ほど申し上げました。

病院の力に頼った方がグンと成功率があがりますね。

 

 

私は夫氏の診察時に見ていましたが、「呼気試験」と言う息にニコチンが含まれていないかをチェックする機械を使っていて、”吸っていない”と嘘をついてバレてしまっている夫氏。(笑)

機械の計測でニコチンが検出されているのに、”吸っていません”は通用しません。

 

 

ジャンヌの夫
ジャンヌの夫

チャンピックスを飲むとタバコの匂いが嫌になります。

頭痛がしたり吐き気がしたり。

ただ、タバコを吸うと言う習慣が抜けないので苦労しました。

口が寂しくて気持ち悪い事覚悟でタバコをくわえてしまうんです。

それが結果美味しく吸えなくても、吸いたいんです。

 

周りに理解をしてもらい、協力を得る

タバコをやめるために禁煙外来に通っていても、タバコを誘ってくる同僚や他の家族が吸っている誘惑があれば、かなり厳しい状況です。

本当に自分はタバコをやめる必要があることを理解してもらい、協力を得なければ難しいこともあります。

自分や妊娠中の妻の意思よりも、長年吸っていたタバコのニコチン依存が勝ってしまうからです。

そしてタバコを吸う習慣もまた、抜けないものです。

とにかく周りにも協力を求めて、下手な誘惑をしないように全力でバックアップしてもらいましょう!

 

ジャンヌの夫
ジャンヌの夫

会社の同僚が休憩でタバコ部屋に誘ってきます。

コーヒーだけ部屋に持ち込みますが、1本やるか?の声にうなずいてもらってしまう自分がいました。協力者必要です!

 

ジャンヌ
ジャンヌ

夫氏の会社の人に協力してもらい、うちはタバコがやめれないと離婚問題に発展するほどだと訴え続けてました。

どうしても私はやめてほしかったので、いっぱい喧嘩もしましたし、ニコチン切れで苛々する夫氏に八つ当たりもいっぱいされましたよ!結果、3年かかってようやっと。

 

タバコから遠ざかるように自分でも意識する!

先ほど周りの協力も得るべきだとお話しましたが、自分自身でもしっかりタバコの環境から遠ざかりましょう。

喫煙所の前を通ったり、タバコの匂いが流れてきては絶対に誘惑されるはずで、辛くなるはずです。

特に居酒屋などタバコを吸いながら美味しくお酒を飲んでいる姿でも見たら、たまらなく辛いはずです。

自分でもタバコを遠ざける行動をして、辛くならないように気を配ってみて下さい。

ジャンヌの夫
ジャンヌの夫

会社の飲み会はさすがに辛くて1本もらっちゃっていましたが、スーパーの一角の喫煙所なんかは避けて通ってました。見たら吸いたくてたまらなくなるので。

 

 

タバコを吸う習慣はガムか飴を食べる習慣に

夫氏曰く、タバコを吸う習慣で手がタバコを持ちたがり、口はタバコをくわえたがると言っていました。

タバコに変るものを探す必要がある。

我が家で実施した方法は「ガム・飴」です。

もちろんニコチン依存していますから、こんなものじゃ気はおさまりません。

辛いのは当然で、我慢すると言う意思も必要になりますが、何もないよりマシ。

夫氏はそう言って、しばらくこの方法を続けていました。

 

ジャンヌ
ジャンヌ

我が家の場合、ガムと飴はタバコを吸うほどの頻度で食べようと思うと大量に必要でした。タバコを吸うぐらいお金がかかりましたが、必要な投資だと考えてたくさん常備しました。

ガムは1週間でボトルガム3本、飴も糖を取りすぎて太ってしまうほどだと思うぐらいがむしゃらに食べて吸いたい気持ちをごまかそうとした夫。シュガーレスの飴がおススメですね☝

 

禁煙グッズに手を出してみる

禁煙グッズいろいろと出ていますが、これといって何が効くとは特に聞いたことがない筆者。

ニコチン中毒から抜けださないとならないので、結局我慢が必要なのは共通だとは思いますが、禁煙の補助としては使えそうなものありますのでいくつかご紹介していきます!

 

代表的な禁煙グッズが「ニコレット」

医薬品第2類と言うカテゴリで、ただのガムではありませんからお値段張ります。

禁煙時のイライラ、集中困難などの症状を緩和する作用があります。

使用期間は3ヵ月をめどとしていて、だんだんタバコから遠ざかりましょうというもの。

我が家の夫氏のように、苛々する人は珍しくないはず。

お金に余裕があれば、こちらを併用したら周りに迷惑かけずに済むかも知れませんね。

 

ジャンヌ
ジャンヌ

我が家はお金がなかったのもあり、夫氏が何個か食べてみたことがある程度。

苛々軽減などの作用より、ガムとして食べてしまう感覚で1粒だと味とか量とか物足りなさがあるようです。

ちなみに、旧友がニコレット噛みながらタバコ吸ってました。

意味ないですね💧

 

嫌煙飴

タバコがだんだんまずくなる禁煙飴。

タバコを我慢する代わりに食べてみる感じですね。

夫氏に1度この手の商品を食べてもらったことがあったはずなのですが、シュワシュワする飴玉が好きな夫氏にとってはコーヒー味が嫌いだったようです。

飴玉だと味の好みもあって、続けられるかどうかは食べてみないとわかりませんね。

 

電子タバコ

我が家が試しに色々買った頃の商品はもうないので、最近の一例として商品を載せてみました。
こちらは、ニコチン0mgで吸いごたえがある。
禁煙中のアイテムとしてブームを呼んでいる加熱式タバコらしいです。
我が家が当時試したのは、タバコを吸っている人がこんな味好きかなぁ?
と言うような甘いフレーバーや、とてもとてもタバコの代わりとは言えない感じの商品ではあったのですが、ただひとつ言えることは
”電子タバコにしてもタバコを吸う習慣がぬけないから、結局タバコが欲しくなる!”
と言う夫氏の意見。
コーヒー飲んだら一服。
お酒とタバコ。
仕事の休憩に一服。
ご飯を食べて一服。
これらが習慣化されている限りタバコから遠ざからないと言う我が家の夫氏は、電子タバコ続きませんでした。
電子タバコに切り替えても、タバコをやめる決定打にならない可能性がありますよね。
ただ、電子タバコで一時的に禁煙補助として本物のタバコの本数を減らすための手段なら個人的には有効かなと思っています。

 

 

スポンサーリンク

禁煙まで我が家はなぜ3年ほどかかった?リバウンドを繰り返し。

私が妊娠して子供が産まれるちょっと前、夫氏は禁煙外来をスタートしました。

通常3カ月程の通院ですが、仕事の都合でダラダラと通院になり4・5か月かかっていたと思いますが禁煙に成功しました。

 

一旦はここで成功していますが、2か月もすると帰宅する夫氏はタバコ臭くなりました。

会社で1本もらい、1本もらいが積み重なり、1箱買って返すような状況になり、ついにそんなこと続けるのなら自分で買ってしまおうと思ったのでしょう。

 

2万円近くかかった禁煙外来の費用と苦労が水の泡。

失敗しました。

 

そして再び私は激怒し、夫氏にタバコをやめてもらうよう要求するしますが自分の意思では難しいと突き返されます。

 

そこで「チャンピックス」という禁煙補助のお薬が海外サイトで買えることを知り、数万円かけてまた3か月分を購入しました。

※2017年時点。現在2020年だと通販で購入可能かはわかりません。

 

飲んでいる間は禁煙できました。

 

でも、薬が終わるとまた会社で休憩のたびに喫煙所。

誘惑され続けます。

また気づけば夫氏はタバコ臭い状態で帰宅するように。

 

そこで飴やガムをたくさん持たせて、頑張ってもらうことにしました。

 

結局、毎週たくさんのお金をかけてこれらを常備しても「1本やるか?」と言う会社の仲間の声にうなずき吸ってしまっている夫氏。

 

吸っていないと言っても、私は臭いですぐわかりました。

子供も生まれていました。

 

「受動喫煙の状態になるからシャワーを浴びるまで子供に触らないように!」

 

そう言うルールを作り、厳しく夫の禁煙を促しました。

 

そうこうしているうちに、夫氏の給料だけではとっくにやっていけてない我が家は、たばこ代も出すことが厳しくなりました。

 

私は、子供を保育園に預けて私が社会復帰すると言うことに。

ところが、わけあって失敗。

 

働けないまま、この先どう生活していこうかと言うレベルにまでお金がなく困った状態になりました。

結果的に私の実家に転がり込み、地元に帰ってきました。

 

夫氏には転職してもらい、私の両親の住む家で一緒に暮らすことに。

その時にもタバコは隠れて吸っているようでした。

 

ここで私は両親の力をも借りて、夫氏の禁煙を促すことに。

車の中にこっそりしまってあるタバコを発見しては、親にいる前でも構わずタバコを吸っていることを指摘し、実家にお金も入れれていない現実、タバコ代がないことを突き付けます。

 

周りの目もあることをアピールしまくりました。

 

ちょっとここまでくると性格悪い嫁ですが、こうでもしないとニコチン依存には勝てないと思ったんです。

 

これを繰り返し、常に監視の目があると言う状況にすると夫氏はニコチン切れを起こしてイライラしているのがわかりました。

でもこれはタバコを吸っていない証拠だと考えています。

ニコチンを欲してイライラして、私に八つ当たりをするということは切れている。

つまり、吸っていない。

 

めちゃくちゃ根気強く対応し、タバコを買えるほどのお小遣いを渡すのをやめました。

1日450円以下の、超細切れにお小遣いを渡すようにしたのです。

※夫の吸う銘柄の当時の値段。

 

ここまでくると本当に鬼嫁ですよね。

わかっています。

 

でも本人にもニコチン依存に対する対応は鬼になる必要があると考えていると伝え、八つ当たりされても夫氏の態度に耐え抜きました。

 

時折、またタバコ臭く帰宅することもありましたが、子供に触るには、シャワーを浴びてからじゃないと触れないようにルールを継続しました。

 

そうこうしているうちについに3年経過。

 

最近、完全に吸っていない?

私はもう吸っていませんから匂いで確信。

 

夫氏がやめてくれたことがわかりました。

長い闘いでした。

 

弱音を吐かれても、現実的には赤字家計で実家に転がり込んでいる始末。

 

1日1箱450円×30日=13,500円

年間162,000円

 

支払が足りなくてカードローンを利用するほどの赤字家計。

子供のためどころか生活していけないからタバコはやめなきゃいけません。

こんなことがかかっていても、自力でやめられない夫の意思の弱さかニコチン中毒なのか大変な苦労でした。

 

夫婦ともに協力し合って、達成した結果だと思っていますが、夫氏にとっては地獄のような日々だったかも知れませんね。

でも結果的にこれで、我が子が健康に育ちタバコの害と考えられるようなことが起きなければやっておいて良かったと思える日がくるでしょう。

 

私はそう信じています。

また、これから毎月たばこ代が消えないのなら子供のために使えますから結果オーライ!

年間16万もタバコ代なら、旅行や外食に使いたい。

 

何度もリバウンドしましたが、それほどタバコをやめるって難しいってことです。

かなり頑張らなきゃ自力でやめれない。

性格もあるでしょうが、ニコチン中毒は手強いです。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

筆者も、妊娠するまで15年以上はタバコを吸う喫煙者でしたから、タバコをやめなきゃいけない辛さはわかっているつもりです。

 

それでも、受動喫煙の影響を知り夫氏にどうしてもやめてもらいたかった。

低体重、早産、流産、乳幼児突然死症候群、将来の肺がんリスク・・・。

 

タバコを吸わない家庭よりお金がなくなる!家の場合は年間16万円タバコ代!

このままだと児童手当がおむつ代どころか、タバコ代に消える!

 

我が家の場合は、経済的にもタバコを続けることがいい事のようには思えませんでした。

自分はたまたまつわりでやめましたから、夫氏には辛い我慢をさせたと思います。

 

でも子の将来のためにも、お金のためにも、健康のためにも、私達は頑張る価値があると思い禁煙に成功しました。

これからチャレンジする方は、是非私の鬼嫁っぷりパートナーに話してあげて下さい。

こんなんされたくないなら、自力で頑張るのも手だと。苦笑

 

そう言えば我が家は粉ミルクに備えて、ウォーターサーバーを2年程契約していました。

乳児の口にするものだから水道水より安心できましたし、ササっとお湯が出るから夜間のミルクタイムに大活躍♪

 

禁煙してタバコ代浮かせて、ウォーターサーバー!あるとめっちゃ便利ですよ♪

 


 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ジャンヌ

 

 

あわせて読みたい☆

 

\子供を保育園に預けて働くぞ!が、大失敗した話/

0歳で保育園に預けて社会復帰が大失敗!いきなり〇〇〇〇〇勤務は危ない

コメント