子どもの偏食~食べない娘に私の対応で大後悔していること|発達障害の特徴

☆子育て
この記事は約21分で読めます。
スポンサーリンク

うちの娘は2歳9か月時点で「自閉症スペクトラム(ASD)」の診断が出ています。

思い返せば1歳半ぐらいから既に、だいぶ他の子と差が出るほど食べられるものがなくてフォローアップミルクは2歳過ぎまで続けていました。

ジャンヌ
ジャンヌ

悩んではいたけど大した問題じゃない。妹みたいに(私の妹)参考書どおりにグラム数計って、参考書通りに食べ物を与えるようなママにはなりたくない!食なんてその子その子によって違うもの。だからきっと、いまに食べるようになる・・・!

と思っていた私ですが、1歳9か月で保育園に入れた時に衝撃を受けそうもいられなくなります。

他の子って、もうこんなもの食べるの!?

園の先生にも食べないことを指摘され、違和感を感じ始めた私。

のちに我が子は自閉症スペクトラム障害の診断が下されましたが、食にまつわることで私がしちゃいけなかったなぁ~と後悔している対応があるんです。

そのせいで娘はますます、食べないかも知れない・・・。

もしお子様の偏食に悩んでいるママなら、お子さんに私と同じような対応はしない方が無難かも知れないと言う意味で参考にして頂きたく、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

食べる量はそれぞれなのに。

うちの娘、食べる量本当に少ないんです。
体形はいわゆる骨太タイプ。見た目は細身でもないので食べれそうなのですが、おかゆだと参考書なんかに出てくる平均的な食事量より半分もいかないぐらいでとにかくミルクが大好き。
どろどろペースト状態の離乳初期の頃の量なんて、こぼしたり口の周りにデロデロしたりであまり厳密な量もわからないし、気にしちゃいなかったのですが量を意識するこんなきっかけがありました。
9~11ヵ月頃になると離乳食後期ですよね。西松屋の離乳食の瓶入りタイプのそのまま食べさせてよい商品から少し離れて、おかゆもちょっと米の形状を残るようなステージに突入すると、作り置きがはじまりました。
離乳食後期が「5倍がゆ90g ~軟飯80g」程度という情報が出てくるので、西松屋にあるこの90グラム入るタッパーを購入して90グラムずつで作り置きするように。
ところが娘はこの90グラムでさえ、半分も食べればいいところでした。

食べないからミルク飲ませるつもりが、ミルク飲ませてるから食べないのか?
と状況は混乱しつつ、「もうちょっと食べてみようか?たくさんたべたら大きくなれるよ!?」としつこく声をかけすぎた!と言うのが私の失敗。

娘の療育の保育士さんより「食べれる量ってほんとそれぞれなので少なくてもそれはその人の量なんですよ。大人だって痩せの大食いがいたり意外と小食がいらっしゃるじゃないですか?給食だって残さず食べようね!と昔は居残りさせた頃もありましたが、あれだって今はやらないんですよ?みんな同じ量食べれるわけじゃないので。」と言われて、ほんとーに私反省。しつこくすすめたらダメでした。

ジャンヌ
ジャンヌ

ちょっと私、しつこかったかも。今4歳近くですが、ほんと食事は進まなくって・・・。私がしつこくて食事が嫌いになっちゃったかも知れないと大後悔してます。

スポンサーリンク

食べられるものもそれぞれなのに。

娘の行っていた保育園では、食べさせたことがない食材は一度家庭で食べさせると言うのがルールの園でした。でも、口に入れて一生懸命カミカミするんだけど、ぐっちゃぐちゃになって繊維質だけ残った肉が出てきたり、そもそも口に入れなかったり。

ちなみに上の写真の食材、ブロッコリー・りんご・バナナ・なし?

家の娘、間もなく4歳はどれも食べません。ほんの少し小さいのを飲み込んだことがありますが、一口飲み込むに至らないレベル。嫌いなんでしょうね。

飲み込めない。嫌がって食べない。

これ、保育園で今度の給食に出るやつだから食べてみよう?

と誘うも、食べなくて進まないものが多かったのです。何とか食べてもらおうと必死に努力しましたが、嫌がりました。

当時はわからなくて一生懸命食べてもらおうとしました。通っている保育園の先生にも「アムアムゴックンってやるんだよ!アムアム!」と見せてあげてゴックンするように促さないと子供って嫌な食べ物から逃げて楽な方楽な方にいくから、ママ、2歳過ぎてまだミルク飲ませてるって聞いたけど、それはやめよう?」と注意と言うか指摘されていたのもあって、私も必死でした。

園でも「口から出そうとするけど、どうする?食べさせた方が良い?」と聞かれて「どうするものですか?」と聞いたら「普通はあむあむしてごっくんだよ!と教えて食べさせるけど」と言うので「じゃあそうして下さい」と言ってしまった私。

おやつのホットケーキなんて、お迎えに行って帰宅するまで1時間ぐらい?とか、飲み込めないでドロンドロンのホットケーキが口から出てきたこともあって・・・。

ジャンヌ
ジャンヌ

のちに卵アレルギーが発覚していますが、ホットケーキは単に食感が嫌いっぽいです。

保育園で色々あり、1歳9か月~2歳4か月で退園。療育に通う道しるべができ、通い出すと療育の保育士さんにこんなことを言われました。

匿名女性
療育の先生

その子の成長によって、平均的な子はもうお肉やフルーツも食べてるかも知れないけど発達の遅れがある子は顎の力や飲み込みも弱かったりするからお肉が噛みきれないとか飲み込めないこともあるし。過敏さがあれば気持ち悪くて飲み込みたくないものもあるし。発達不十分で食べられない食材のものは特に、好き嫌いで食べないわけじゃないこともあるから無理はさせないでいきましょうね!

とアドバイスをもらい、無知の私、娘に無理をさせてますます食べるの嫌になったかもしれないと反省しています。食べるの嫌いにならないよう療育では気をつけていると聞いて、罪悪感な私。いまだに私から初めての食べ物を出されても殆ど食べようとせず、1歳半ぐらいからずーっと同じような食事をしています。

あとでわかったことですが、感覚の過敏さが出てきてる子だったりすると療育では当たり前に口から吐き出させてOKと言う指導をしているそうです。うちの子もそれに習って、嫌な食感のものはいつも吐き出していいとしています。無理に「アムアムゴックンだよ」と言うのは、一切やってません。

フォローアップミルクって2歳過ぎまで飲んでたらダメなの?

あとで調べました。うちの子が通っていた保育園の先生、うちの子が発達障害の診断がつくとは知らないので2歳過ぎのミルクをおすすめしないと言っていたのかも知れませんが、フォローアップミルクそのものは2歳過ぎまで飲んでいても問題のない商品です。

まあこれは、たまたまうちの子がお世話になっていた園の先生の考えなんでしょうけれど。例えばこの商品言うと満9か月~3歳頃までとバッチリ記載があります。食事で補いきれてないと思われるお子さんは、飲んでいてOK。

うちの子は特に、牛乳飲めなかったのでフォローアップミルク飲んでいたって問題ない!と私は信じ、本当は食事量が少なすぎてフォローアップミルクを飲ませていたのに「もうミルクは飲んでいない」と言う嘘をついて通わせてましたけどね。(苦笑)

いまとなっては、食べないことに悩んで無理に食べさせたって、発達の遅れによってその子にとっては到底噛みきれないような食材かも知れないし、感覚過敏でもしかしたらまるでゴムでも食わされてるような感覚で全然飲み込めないものかも知れないわけです。

命優先でミルクです!ミルクを飲むってことはまだ必要なんだと。成長してお肉や牛乳が美味しい子はきっとミルクがまずくて飲まないだろうし、大事なのはまず食事のすすめ方より、子供が健康な状態になることです!と、今は思っているので1歳からのアンパンマンのおやさいせんべいしか食べない夜も良しとしています。

今通っている療育の先生も、「食べる物なら何でもいい。アンパンマンのおせんべい食べるんだったらおせんべいでいいから、この子たちにとっては食べられるものを食べないと弱っちゃうから、いいんだよ!」と言ってくれていて、とっても気が軽くなりました。

だがしかし、娘の食との戦いはまだまだ続く私なのでした。

スポンサーリンク

3歳11か月の娘がいまだ食べないもの

みんな大好き?アンパンマンの離乳シリーズ

これ全部、どれもこれも小さいざる・茶こしみたいなものを使って具材を除去して汁だけ米とまぜて食べさせています。いまだにこの何か混入している系、娘は一切食べられないですね。(苦笑)カレーに至っては最初食べたきっり、恐らく大っ嫌いになったんだと思います。

つまり、1歳からのシリーズは1歳前後でどの子も食べるわけじゃないってことですね。(汗)

あわせて読んでね☆

我が子の発達障害を疑い自閉症スペクトラム(ASD)の診断までの経緯体験談
こんにちは!一児のママのジャンヌです。 今現在3歳の娘は、2歳9か月時点で「自閉症スペクトラム」と言う発達障害の診断が出ました。 診断が出ても特に驚きもなく、受診前から私達夫婦は覚悟が出来ていました。 初の育児とは言っても...
スポンサーリンク

子どもの偏食~食べない娘に私の対応で大後悔していること|発達障害の特徴~さいごに~

いかがでしたでしょうか?発達障害に限らず、子供の偏食は悩んでいるママは多いように思います。うちの子の場合偏食と言うより、食べられない。

食事の形態がすすまないので、離乳食後期ぐらいから同じようなものを食べていますが、むきになって食べさせようと思っても子なりに事情があって嫌がっている場合があると言うことを、知って頂ければちょっとは気持ちが楽になるかな?と思い、執筆してみました。

お子さんが発達障害かどうか、感覚過敏なのかどうかは置いて、命優先に食べられるものを与えると言う気持ちに切り替えておくのも大事だと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ジャンヌ

コメント