アマゾンの音楽聴き放題

新規登録3カ月無料!

今すぐ対象者かチェック
スポンサーリンク

あると便利!ヒップシートタイプの抱っこ紐で肩こり解消かも!?1万円以下で安くても使えた体験談

☆子育て
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

赤ちゃんの抱っこひもは王道のエルゴユーザーのママ、街中でよく見かけますよね!

一方で、海外の製品だとよく見かける?「ヒップシートタイプ」。

 

このタイプは赤ちゃんの体重が増えてきた時に重たくて悩んだママがリサーチする商品のようだと知った我が家。

今日は我が家で使ってみた「ヒップシートタイプ」の抱っこひもをご紹介します。

しかもこれは、Amazonで買った結構安いもので案外使えました

中にはしっかり検査されている傾向にある価格の高いものがおすすめとおっしゃる方もいらっしゃいますが、ご自身の価値観で善し悪し検討してみて下さいね!

 

 

この記事の内容:

ヒップシートタイプの抱っこひもが気になっているママへ、
Amazonで買った安いものが案外使えた体験談。

 

スポンサーリンク

我が家が購入したヒップシートの抱っこ紐をご紹介!

私が購入したものはこちらで、生後4か月過ぎた頃に購入しています。

この商品の使用月齢は、

  • [使用月齢]3ヶ月(首がしっかりすわった)から36ヶ月まで

他商品、4か月~のものもあるようですね。

 

で、こちらは大きく2種類あるのですが、我が家は赤ちゃんの背中部分がメッシュで涼しいタイプを購入。抱っこひもの中では比較的安い価格ゾーンですよね☝

 

ジャンヌ
ジャンヌ

私が太っていて暑がりだからメッシュに☝

スポンサーリンク

首カックン対策にメッシュではないもう1タイプの方が実はよかったかも知れない件。

 

で、ついでにご紹介するのがもう1タイプ。
私はメッシュにしたけど、実はこっちの方が良かったかも説💦
というのも、こちらは赤ちゃんの背中部分がメッシュではなく涼しさ軽減するであろうものの、スリーピングフードなるものがついている。
赤ちゃんが寝てしまって首カックンになってもこのフードをかぶせてあげればいい
エルゴの人はよく使ってますよね。
で、我が家はというと…
メッシュタイプにはついてこなかったので別に装着するものを購入。
汎用タイプの”首にあてる厚紙みたいなやつ”が安かったので購入してしまったのですが、子供が寝たらその板みたいなのを抱っこひもの赤ちゃんの背中あたりにあててつけてあげるという作業がめんどくさくなって使わなくなりました😨
私の個人的な感想を素直に言うと…
ご購入を検討している方は、もしかしたらこっちのメッシュではないタイプがいいかも知れません☝
首カックン対策は最初からついてたほうが便利かなと。
スポンサーリンク

私が購入したヒップシートタイプの抱っこ紐のメリット

分厚い紐で肩に重さをど~んと感じることなく子供を抱っこ出来ることに感動!私は肩こりが軽減!


 

メッシュの方を買ったので子供は暑さ対策できたと思う。

 

安い割に丈夫

安い割に丈夫なので、生後4か月から使っていて2歳半の娘にも現役使ってます。

 

ベルトにメッシュポケットが便利

ベルトにメッシュポケットがついてるので、おしゃぶりのキャップ入れにすごく重宝した。

 

 

自然に座っている状態

だから、抱っこひものどこかの紐がおしりを支えていて圧迫してるだとかの状況がなく、子どもにも良さそうに思えた。(子どもはどう思っているのかわからないけど💦)

 

出先で抱っこひも外してまたつける時、めちゃくちゃ楽

ヒップシートに座らせて片手で子供を支えながら再装着が簡単!なのでこれに慣れてしまったら1回子供をどこかに寝かせないと再装着が難しい紐は使わなくなった。

 

よく歩くようになるとヒップシートだけ装着

1歳半過ぎてよく歩くようになるとヒップシートだけ装着して、抱っこしたりおろしたりするのが楽!ここはこの商品の第二の使い方。

 

スポンサーリンク

私が購入したヒップシートタイプの抱っこ紐のデメリット

① 子どもの首は座ってても、腰があんまり据わってない子だとちょっと可哀想な気がした。

② 腰が弱い人は腰に負担の比重を大きめにするこのタイプは合わないかも!?

③ ヒップシートと言う椅子に座りっぱなしだから、おむつかぶれに注意!これに座らせて長らくおむつ替え出来ないとだいぶ危険。

④ 子どもが小さいと紐の隙間から落ちそうなこともある。(製品によって異なることだけど

⑤ メッシュタイプを買いましたが、赤ちゃんが大きくなったら背もたれのメッシュ部分を伸ばせるチャックがよく勝手に開いてきてしまって、最初からバカチャック気味だった!?※気になりすぎてチャックをペンチでぎゅ~ってつぶして勝手に動かないようにしてみたけど、あんまり効果なかった💦

 

 

⑥ おんぶが相当難しいので、おんぶの時はおんぶの紐を使い分けしてた。

 

⑦ ヒップシートは子供のおしりがのるサイズなので、ウエストポーチ以上にがさばって邪魔(笑)つまり、万が一のために携帯するには他のコンパクトな紐が良くなる。※←ヒップシートの仕様上仕方ないこと。

 

⑧ うちのパパの場合ですが、男性の体形だと腰ベルトが下がりやすいのでヒップシートが下がってきて足につっかえてくると歩きにくいとのこと。

 

⑨ 2歳近くになると子供が大きくなりすぎて腕を出す場所が腕の付け根より下にある感じで、何だか居心地が悪そうに見えてきた。(けど使ってる☝)

 

 


スポンサーリンク

ヒップシートタイプの抱っこ紐はいつから?

ズバリ商品によって異なるのですが、大体首が座って~3か月~5か月といったところかと思います。

ただ、お子さんがいるとわかると思いますが〇〇か月だけじゃ決められないことがあるので注意!

 

  • 4か月経過していて首は座ってきたけど赤ちゃんが小さい。
  • 首はあんまり座ってないけどもう5か月。

 

…etc

 

小さすぎる子は抱っこひもの隙間から落ちそうだったり、あくまでも首が座っていることが前提なので既定の月齢は過ぎてもまだまだ早い場合もあると思います。

 

ジャンヌ
ジャンヌ

ヒップシートの利点はママへの負担の軽減。

赤ちゃんが重たくなってきてから考える人が多いはず☝

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヒップシートタイプが気になっている方は安くても使えてる我が家のレビュー、参考になると嬉しいです♪

 

私的にはこのヒップシート構造、肩がこりやすい方には”超おすすめ”だと思います。

私は足腰は大丈夫だったのですが、子供の重さで肩こりが酷くなって頭痛や吐き気が耐えられないため負担を腰にかたよらせた感じのするこの商品にドハマりしましたね。

 

今回購入品1品だけでずーっと使っているので、安い投資でいいものが買えました。

 

もっと高いものも良い品があるとは思います。

我が家の考えは、子供を抱っこしているのはせいぜい2歳半ぐらいまでかなと思うので、安く済ませたいところから出会った商品でした。

Amazonのレビューも参考にしつつ、気になる方は是非購入してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ジャンヌ

コメント