ママの休食

メディアでも話題沸騰中!

詳しくはこちら
スポンサーリンク

トヨタ残価設定ローンで車を契約した我が家の感想【メリット・デメリット】

☆体験談・レビュー
この記事は約13分で読めます。
スポンサーリンク
ジャンヌ
ジャンヌ

残価設定型ローン「残クレ」とも呼ばれる流行の車の買い方。

我が家は正直きつい!

「残価設定型」もしくは「残クレ」でローンを組んで月々いくらで車に乗れる!なんて広告、よく見かけるご時世ですよね。

ところがこれがきっかけで、一気に家計が究極の貧乏になることもあるのではないかと思います。

我が家は残価設定型ローンのトヨタ車に乗っており、背伸びのローンに苦しんでおります。(苦笑)

そう、ローンに背伸びは禁物なのです。

 

この記事はこれからいわゆる残クレの車を契約しようか悩んでいる方に是非読んでいただきたい。

もしくは現状「残クレきつい!」そう嘆いている方も、おおいに共感できる部分があるのではないかと思っています。

 

我が家も現在2歳半の娘が産まれる1年ほど前に、トヨタのVOXYを「残価設定型」のローンを組んで車を契約し今年で5年目になります。

正直失敗!残クレきつい!

そう思っています。

ではどうしたらよかったのでしょうか?

 

私が考える残価設定型ローン、残クレのメリット・デメリットを踏まえ参考にして頂きたい契約時の注意点、もしくは自分の状況をわきまえそもそもローンを組んで車を手に入れるべきか考えるための参考にしていただければと思います。

では、我が家の体験談や感想、メリット・デメリットお話していきます。

 

注意とお願い


トヨタさんは「ネッツトヨタ」・「カローラ」など扱っている車が違う販売店に分かれている上に、地区によっても違います。

我が家は「ネッツトヨタ道都」という札幌エリアで契約しているのでその内容と体験談をお話していきますが、細かい内容はトヨタ販売店によって異なることを御了承の上、お読みください。

スポンサーリンク

残価設定ローンの車ってどういうこと?

そもそもここが意味不明の方は、このページに辿り着いていない気もしますが簡単に解説☝

各社でちょっとずつ内容が違うようなので、我が家のレビュー可能なトヨタ(ネッツトヨタ道都)に限定してのお話をします。

 

トヨタの残価設定型ローン

おおまかに言えば、あらかじめ”車の3又は5年後の価格”を設定しておいて、差し引いた金額を分割払いにします。
「残価」と言うのが、車両価格の3又は5年後の下取り価格。

5年後の車の価値(残価)を設定しているローンってことです。

※ 我が家は5年で契約しましたが、3年と、たしか7年もあったと思います。

 

スポンサーリンク

我が家が思う、トヨタ残価設定ローンのメリット

① 比較的気軽に契約できて、そこそこ良い車に乗れる。

夫と結婚前の私の安いパート代でも審査とった!しかも、うちは頭金10万円程度しか出せなかったけど、それでも契約できました。

頭金もいくら以上ないと契約できないという事もなく、なくてもいいけどあったほうがいいという説明でした。

信用問題にさえ傷がないまっさらな人にとっては、比較的ゆるめの契約なのかな!?

と言う印象。

② 定期的に新しい車に乗りたい!と言う方。

契約年数が来たら返却して別の車に乗り換える選択肢もあるこの乗り方がイイという方向け。

普通にローン組んで次々新車にするよりも手っ取り早いだろうと思われる☝

③ 残価が設定されているから原則車の残りの価値が下がらない。

我が家は走行距離が結構多くなる予定だったので、あらかじめ残価が設定されているから走行距離が多めになる予定で、原則車の残りの価値が下がらないのは良いことだと当時は思いました。

ただし、トヨタの場合は走行距離がオーバーしていると車の返却時に追加料金が発生しますが、詳細は下の方で触れます。

補足:我が家がトヨタの営業を悩ませたこと!

ちなみにトヨタの営業の方と話あっていたら、先方もすごく悩んでらっしゃった。

と言うのも、うちにとってこれがメリットになるかデメリットになるかは微妙だと。

普通に車のローンを組んで購入したら、めいっぱい乗り込んで5年でも走行距離が10万キロとか行くんだったらローン終わった頃に距離結構いっちゃってるって話。

でも、残価設定型だと目いっぱい乗り込んでても返却すればいい。
※追加料金は発生するけど。

だけど、乗り換えずにボロボロになるまで乗りたい人にとって、毎日通勤で走行距離いっちゃうけど買い取るよ!と言う選択をすると、おんぼろ状態の車の買い取りをすることに🉐があるのか?

そんなような思考があるとおっしゃってました。

そして、我が家のこの買い方をおススメしてよいものか正直悩むと、営業さんが素直に打ち明けてくれました。

④ 月々のお支払いを”使ってバック”と言う仕組みで割引出来る。

ローンを組むとセットでトヨタのTSカードを契約することになるので、そのカードの利用額に応じてポイントが貯まります。

毎月の貯まったポイントを毎月の車のローン代から差し引いてくれるから、登録すれば「今月はポイント差し引いてお車ローンいくらだよ!」っていうハガキが届きます

ジャンヌ
ジャンヌ

我が家は日々固定費や買い物で使ってます。丸5年まであと半年程ありますが、現状でも13万円ほどポイントで払ってます。

※個人情報を黒塗りつぶしで伏せております。

13万円分、ローンがポイントで払えたんだ!

って思ったらお得に感じますが、もしかしたらこれを「楽天」とか「Yahoo!」とかで買い物して貯めたポイントで生活必需品を買ったって同じ節約金額になりますよね?

ご自身がお持ちのカードでポイントのパーセンテージが良く、もっと貯まりのいいものがあればそちらを使ってもいいと思います。

我が家は他になかったので、トヨタファイナンスのTSカードで毎月の生活費の清算をほとんど行い、ポイントを貯めていました。

 

以上、我が家が思う残価設定型ローンのメリット①~④ご紹介しました。

 

スポンサーリンク

我が家が思う、トヨタ残価設定ローンのデメリット

正直、我が家の場合はデメリットを感じる部分が強いかも知れません。

というのも、のちの私たちの暮らしが劇的に変化してしまったことが原因ですが…💦

では、家が思う残価設定型ローンの車のデメリットをご紹介します。

 

① 車が壊れない限りは長く乗り続けたい人には向かない。

1台を長く乗り続けたい人は、普通にローン組んでいずれ自分の所有物になるべきと言う話になります。

利息の観点で考えても、乗り潰すならそもそもローンを組まない方が得策!

我が家の場合お金持ちのお家でもないので1台を大切に使う派ですが、契約可能な車を買うしかなかった我が家にとっては選択の余地がなく致し方なかった感じです。

② 綺麗に使うことに気が疲れる。

運転者がズボラな性格だと汚してしまうから返却時にお金をとられるかも。

うちは夫が新車状態早々に、タバコの灰を落として運転席下のプラスチックが溶けてました💦

子供が産まれてからは、子供に汚されやすいので神経すり減ります。

性格や運転技術の他にも、傷つけやすい状況の人には向かないですね。

おまけに、我が家は雪国に住んでいるのでパンパーを犠牲にしてでも前に進まなきゃいけない場合があり、我が家もパンパーの一部に割れが入っています。

返却するなら修復代が必要になるケースがあるので、最初から自分の所有物になるていの通常のローンを組んだ方が良かったという話になります。

③ ”特約書”で交わしている走行距離を超えると、返却時追加料金!

 

契約期間に到着して返却する場合走行距離が〇〇万キロ超えると追加料金が発生しますという「特約書」を交わしています。※下の方の見出しで詳しく触れています。

通勤で結構走る人で、返却する時に返す車に対してお金を払うことになるのでそもそも残価設定型ローンで車を持つべきかよく検討した方が良さそうです。

 

スポンサーリンク

契約満了時、返す?乗り続ける?と言う決断の時の「特約書」について

契約年数が経過するにあたり、返す?乗り続ける?と言う話になります。

【ネッツトヨタ道都の場合】

残価設定型で車を乗っている人は契約期間が来たら次の車に乗れるのも利点ですが、中には気に入ったので乗り続けたい人もいるわけです。

そこで最終回の支払いがくるまで決断しておかなければならないのですがそれについて”特約書”と言う書類でトヨタさんとお約束を交わしていますのでご紹介します。

① 残価設定型ローンの車を最終回に返却の場合

 

我が家の場合はこんな条件:

 

車の状態は良いかしら?

車の状態の善し悪しを査定してもらうわけですが、査定協会の査定基準により減点100点以内なら無料

オーバーしたら必要な分をお支払いするという内容になっています。

要は、壊れてたり傷や凹みは自腹ってことですね。

 

 

走行距離、走りすぎてない?

走行距離が7.5万キロオーバーしていると1キロにつき5円の負担をすることになると言う内容。

あんまりたんまり走り込んだ車を返されてもねぇ?ってところでしょうか。

 

 

我が家の場合でお話しましたが、この特約書、人によって違うかもと思うからです。

特約書の書類に営業が書きこむ部分があって、☑印がつけられるようになっています。

これは、車や契約の状況によっては条件が違うのかな?と思うところなので参考程度にお願いします。

※ トヨタさん的に公開していい書類なのかわからないので画像はなしにしておきます💦

 

ジャンヌ
ジャンヌ

我が家は走行距離が7.5万に☑あるんだけど、他に6万キロとか3万キロとか☑する項目があるので、契約内容によっては違う点のはず。

ジャンヌ
ジャンヌ

ちなみに我が家、4年目で既に7.5万キロオーバー💦

通勤片道40キロがヤバかった😨

② 残価設定型ローンの車の残価を払って乗り続ける場合

残価の支払いをするから、この車乗るよ!買いとるよ!と言う方は下記の条件を満たしている場合、再び残った支払いのローン契約を交わせるようです。

ジャンヌ
ジャンヌ

我が家はまだ5年目で更新のタイミングが数か月先。

なので手持ちの書面に記載のことを御紹介しますね。

1.支払いが滞ったことがない方。

ジャンヌ
ジャンヌ

当然になっちゃう部分だね☝

2.再分割の支払い回数が3回以上かつ当初の支払い回数と再分割の支払い回数の合計が96回以内で完済可能な方。

ジャンヌ
ジャンヌ

ちょっと意味わからなかったけど、たぶんうちで言うと5年支払ってきてるので残り3年で残を払えるならってことだと思う。
※ 3年とか7年の人は話が違うので注意!

3.最終回のお支払い期日の1カ月前までに再分割に関する書面に自署・捺印の上購入店に提出した方。

ジャンヌ
ジャンヌ

要は何の手続きもしてこないで突然乗り続けたいと言われてもダメ!ってことね。普通は営業から連絡くるらしい☝

このように、残価を支払うので乗り続けたいという方にはそれなりの条件があります。

極端に言えば、支払いはちょいちょい滞るとか、残りその回数じゃ払えないとか、1カ月前に連絡もしてこないだとか、ローン契約するにそぐわない状態の人は「返却」ってことになるという内容が契約時に交わす”特約書”です。

 

スポンサーリンク

ちなみに、我が家が残価設定型ローンの車にしたきっかけ

ちなみに、我が家が残価設定型ローンの車にしたきっかけのお話しておきます。

今の夫とまだカップルの時、同棲をはじめてみたら家賃と光熱費で割と生活が厳しかったのでそれぞれ持っていた車を1台にしようとしたんです。

そこで、当時の夫の車を残して使っていたんですがオイル漏れにより高額出費が見込まれていたのもあり、10万キロ近く走っていたのもあったのでおんぼろ車を維持せず、新しい車にしようと検討。

そこで、目についたのが「残価設定型ローンの車」。

そして、もう1つ案があったのがカーリース

 

当時の私たちは貯金がなく”今の自分たちでも持てる車”を探し、トヨタに行きました。

営業さんにカーリースも気になっていることを伝えると、おすすめしない理由の解説があり(※我が家は通勤往復80キロだったため)、私たちは納得して「残価設定型ローンの車」で頭が固まり営業と6時間商談の末に、契約しました。

 

ジャンヌ
ジャンヌ

カーリースのお話を聞きに行きたいから店を出たいって言ったんだけど、結構しつこく引き止められちゃったからその場で契約してきちゃったアホな私…💦

 

スポンサーリンク

ちなみに我が家は残価設定型ローンの車にして良かった?我が家の問題点3つ

当時は利点しか見えませんでしたが、我が家にとっては問題となったのが3つ。

  • 「走行距離」
  • 「私が名義」
  • 「ローンの背伸び問題!お金がきつかった!」

ってこと。1つずつ解説します。

① 「走行距離」走りすぎた!

夫が通勤で1日80キロ走るため走行距離が多くなる見込みだった。

なので、5年契約したら「返却」が得な乗り方!

 

だと思ったのですが、今はそれが不可能になっちゃったので”再分割”でローンを組ませてもらえるなら乗り続ける決断です。

つまり、散々走り倒したおんぼろ車を買い取るってこと。

② 「私が名義問題」専業主婦になっちゃった!

名義人の私が5年後の今、子育てしているから「専業主婦になっちゃった」と言う件。

この車の契約後、すぐに今の夫と籍を入れて子供も生まれ、まだまだ小さい子供なので働きに出れる予定なし。

なので今回の契約終了の決断の時期に「無職の私の名前で審査してまた新しい車に乗る」と言うのは自然と厳しい話だと解釈しているわけです。

 

ジャンヌ
ジャンヌ

お恥ずかしい話、うちは夫が昔の借金で債務整理している過去があってローンは数年厳しいという事情が…😨

女性の方の名義で契約する場合、数年後の事を考えてちょっと検討してみた方が良さそうです。

特に結婚、出産などで状況が変わりそうな方はちょっとめんどくさいこともあるかも知れませんね。

③ 「ローンの背伸び問題」毎月の支払いが案外きつかった。

はじめて車を購入したわけでもないのですが、毎月のローンの支払いとのしかかる維持費が案外きつくて払えなくなるという問題。

我が家の場合、ボーナス払いなしで毎月42,000円のローンにしました。

実際は、そのほかに維持費と保険料、燃料費がかかり年に1回くる税金もしんどい💦

車のローンと維持費で月平均6万円オーバー!

食費といいとこ勝負ですが、車の維持費がダントツ家計を圧迫😨

 

子供が小さくて私が働けない今、毎月の赤字はこの金額どおり!

月に6万円ほどは足りない暮らしをしていますので、つまりは車が背伸びだった!

とは言え、北海道の地方暮らしで車社会。

通勤で車を使わなくてはならず、必要なので頑張って維持していますが後悔しかありません

 

なので、ローンの背伸びは禁物!

我が家は商談時に旦那と意見が決裂して、結局「頑張って稼ぐ」と言う旦那の言葉を信じ予定より100万円ぐらい高い車になってしまったのがのちに後悔するポイントとなりました。

おまけに夫の給料が10万円ほど減るという事態に。

子どももいて小さいのでまだ私が働けない我が家にとって、夫の給料では足らずローン地獄で私の実家に転がり込んできた始末。

だけど、ローン滞りは信用に響くので滞納してはいけないと毎月なんとかお金を工面しています。

長い契約期間、何があるかわかりませんから色んな事慎重に考えなきゃダメですね☝️

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

残価設定型ローンの車は、簡単に言うとこんな人におすすめかなと個人的に思います。

  1. 契約年数が経過したら気軽に新しい車に乗りたい
  2. 綺麗を維持することが難しくない(子供がいないとかきれい好きだとか
  3. 走行距離が異常に多くならない予定。

 

ただネット検索していると、一般的には得策ではないという意見も多いような気がします。

利息が気になる人は現金一括払いに限るし、ローンなんて組むべきじゃないですが、そうもいかないのでローンの車を検討するわけですよね。

残価・残クレ、カーリース、中古車…。

我が家は、「中古車が身の丈に合っていた」が答え。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ジャンヌ

 

あわせて読みたい

専業主婦になった私が、残価を再分割で支払うローン審査に通った話

コメント